Posted on

モンブラン自動デュアルタイムその訴えにおいては

狂ったロバラリータイマーは私の唾液を残さなかったok、しかし、私は深刻についてモンブラン腕時計ブランドとして、良い値とすばらしい時計を提供します。
sihh 2017年にデビューし、モンブランは、ビンテージ・パイロットのスマートな新しいメンバーは、デュアルタイムの合併症としての感化を受けたモンブランは、安政5年(1858年)のコレクションを見てください。2つのトーン鋼と銅の場合には、安政5年(1858年)、モンブラン自動デュアルタイムはその特定のデザインを与えられた珍しいを提供し、材料の選択と機能。

安政5年(1858年)、モンブランは非常にハイエンドのコレクションとより多くのアクセス可能なモデルで構成されている。sihh 2016年後の1995年、安政5年(1858年)モンブランクロノグラフタキメーター限定版腕時計を見た(ここでは実際の)を含む1つの組み立ては、ブランドの手と手を飾られた運動は、彼らのモンブランヴィルレから(ミナーバ)を製造します。すべてのブロンズ製の場合には、それは新しいバージョンの2017年までに利用可能であると愛好家の運動とは、安政5年(1858年)を見て、モンブラン家のより高い終わりを表しています。

安政5年(1858年)、モンブラン自動デュアルタイムその訴えにおいては、より多くの主流は、家の中には、デュアルタイム機能のためのモジュールでベースのスイスの自動運動を使用しています。内部にあることを意味する彼らの口径のモンブランmbの自動運動としての安値。それは4とパワーリザーブの2日間程度で動作する。時刻と日付を加えて(サブ秒でダイヤル6時位置より上にと、ありがたいことに、ダイヤルにマッチするために、黒い色のついた円板を用いた)、ダイヤルの追加の手を経て、第2のタイムゾーンを提供し、12時間のフォーマットでした。

このように、時々腕時計と称しているのを見て、「gmt」が真実ではない、時計をより正確に24時間で第2の時間帯を表すので(12時間のフォーマットではない)。多くの人々は、より簡単な読書のために12時間のフォーマットにおいて、第2の時間帯であるのを好みます。だから彼らにとって、安政5年(1858年)、モンブラン自動デュアルタイムの余分の魅力があります。また、第2の価値があると言っている時間帯の手に調整することができる「隠す」の主な時間の手の下に。なぜ、あなたはこうしたいですか?まあそうダイヤルを少し掃除をしますとそれを見て、単純な時間だけのようにも見えるが、便利なam / pmを指標とした。

12時にはダイヤルの上にある第2タイムゾーンの手に接続されている小さな円形の窓とam / pmの指標として用いられます。この重要な特徴は、多くの人々が遠い場所に第2タイムゾーンの手を使うために必要です、そして、それは日または夜があるかどうかを知ることが重要である。私が言ったように、あなたならば、両方の手を同期する時間と同じ時間に、昼と夜の指標は、このように単にローカルタイムのために使われる。

何が本当に勝ちここで全体の見やすさと使いやすさの。このような設計を使う人は思うようにシンプルなユーティリティとの良いスタイルを混ぜます。あまりにしばしばブランドを使用するかを理解するにはあまりに難しく複雑時計のもののようです。私の意見では、尤度の高い人々が実際に彼らを利用しないので、デュアルタイムなどの合併症は、この完璧です。

私が言ったように、それは、安政5年(1858年)モンブラン全体として非常に読みやすいダイヤルがあるのを助けます。もう一度、そのデザインのビンテージパイロットスタイルの明確なアラビア数字時間目印と手を読むのは簡単にテーマを意味する腕時計(時間と長針と明確に差別化された)。手と時間目印を描いた「高齢者であるスタイル」(カラー)の発光体。現代の着用の経験が、その古典的な観察を望む人々のために、モンブランは安政5年(1858年)などのオプションは良い選択です。私が、安政5年(1858年)のようなモンブラン自動デュアルタイム腕時計でロゴを自動に匹敵する安政5年(1858年)より少し小さいです(時間だけモデル)。たとえこのロゴは、歴史的なモンブラン設計の直接のエミュレーションは、私はそれの巨大なファンでより一般的に近代的な企業のロゴはモンブランの比較を行った。

Posted on

カルティエサントスジュモントスケルトンローズゴールド

カルティエスーパーコピー サントスジュモント最初の腕時計と腕時計の歴史の中でその権利を主張し、ブランドの創設者ルイ・カルティエによって彼の友人に献上され、1904年にブラジルの飛行士チャールズ・サントスジュモント。サントスジュモント、飛行のための気球と飛行船の先駆者の1人であったのを嘆いて、彼の友人をカルティエのそれは、どれくらい難しかったハンドヘルドpocketwatchに時間の経過を追う規制の上に両手をまだ維持しながら。カルティエのスクエアケースウォッチ溶液を手首に装着されることになった。それは必然的に非常に最初の腕時計ではありませんでしたが、サントスジュモントモデルの最初の1つは、特に男性のために作られたと考えられている。カラフルな飛行士と彼の功績の時計が普及を助けましたが、結局追いついたのより伝統的なpocketwatch両方の男性と女性は、20世紀にのための好ましいタイムキーパーとして。
それ以来、サントスジュモント腕時計カルティエのメンズコレクションの人気の定番となっている。昨年、白骨化したムーブメントとホワイトゴールドのケースでは、会社を紹介したバージョン、カルティエの製造口径9614 mc、巧みに形成されたので、彼らはローマ数字として読んだ橋の数を、従来のダイヤルを取り替えること。ジュネーブで今年のワールドでは、カルティエの腕時計ローズゴールドのケースを紹介。青い剣の形をした手と竜頭のブルーファセットサファイアの明るい色、動きのタッチを追加する:カルティエ製作口径9614 mc、手動巻き径=28 mm×28 mm、厚さ=3 . 97 mm、周波数=28800 vph 20の宝石、138全パーツの72時間パワーリザーブ、個々に数えられます
機能:時間と分
ケース:18金ローズゴールド径=株式mm×47 . 4 mm、7角形のクラウンのフロントとcasebackにサファイアクリスタル30メートルまで耐水性で茶色のワニ皮のストラップにローズゴールド、調節可能な二重折りたたみ式の留め金
ダイヤルと手:ダイヤル橋によって形成されたローマ数字に置き換えて、剣形の鋼の手は青く

Posted on

スーパーコピー時計古きを去って新しきに就く

また、「3 D小シェフ協力シリーズ」も来年初めていち、スーパーコピー時計古きを去って新しきに就く、斬新な化料理や動画物語は完璧に現れ。をダウンロードしYHOUSEプラットフォームを注視して、あなたはその体験YHOUSE所傾情制の精緻な生き方理念も、あなたに「もっと美食や遊びと芸術共演しのすばらしさ。
2016年じゅう月22日の夜、第11回世界都市イメージ大使及び世界都市さん選抜大会決勝戦で大中華地区広州市地中海国際ホテルで盛大に行われ。両岸の4地の重要なゲストが広州、今回の総決勝に出席し、今回の総決勝に出席する。
世界都市イメージ大使及び世界都市さん選抜大会は世界トップブランド大会テーマで都市、ルブタン 財布 コピー都市をコンセプトに、文化、公益を軸に、が1度の文化の融合、公益サポート、経済貿易交流祭典のトップは、世界5大ディスコブランドのレースとして、今まですでにから創設が行われました。

Posted on

スーパーコピー時計精品生活サービス企業の成長計画」の重要なメンバー

YHOUSE関連責任者によると、3 Dの小さいシェフプロジェクトを代表した創作グルメ生活体験のハイエンドブランドは、その中国版権代理者だYHOUSEメディアも「スーパーコピー時計精品生活サービス企業の成長計画」の重要なメンバー、YHOUSEは多くのプラットフォームに協力の優良品質の商戸、輸送類似3 D小シェフの優良品質の創意プロジェクトは、業者が端にもっと付加価値。また、消費の端にとっても、YHOUSEと類似を借りて3 D小シェフなどの精緻な生き方IPの協力は、究極の美食を享受と官能体験を有機的に融合しロレックス スーパーコピー、消費者の感じは生活の品質によるファッション精緻の楽しみと魅力。
聞くところによると、YHOUSE三思メディアと協力の3 D小シェフのプロジェクトは、じゅう月下旬から武漢で、長沙、深セン、北京などの各大都市が続々展開。

Posted on

プラチナの時計につき500の腕時計の限定版の実行による鋼に生成される

ビンテージセントテグジュペリ腕時計は、古典的な美貌を思い出させるとき、あなたのダイビングの安全を見なかった人々は、数千年のリリースは、おそらくのために潜水しました、しかし、それは本当に、20世紀には、科学になったのは、19世紀に起こったことの多くを後にします。その水の抵抗のため、第1潜水腕時計(ロレックスロレックスオイスターケース)が、ダイバーのように、すべての人々が必要とした。iwcは1960年代後半にセントテグジュペリを解放することを決め、楽隊車におそらく少し遅いが、セントテグジュペリ素敵な腕時計をしていました。iwcビンテージセントテグジュペリで、完全に解除可能な潜水器具であると同時にiwcの最初のセントテグジュペリに対する敬意を払います。のように、2008年ヴィンテージラインiwcの腕時計の各々は、ビンテージ・セントテグジュペリの現代の要求を犠牲にすることなく、歴史の正義をします。ビンテージ・セントテグジュペリノーナンセンスを見てください。高い可視性のための大胆な手は、最高の水中の視聴のための発光体における清を指標に加えてください。内部回転ベゼルの手袋で操作しやすいと外部の回転ベゼルよりおそらくよりよく分かり易さを楽しむことができます。全ての腕時計は私のボールをエンジニアマスターダイバーウォッチシリーズを思い出させると、両方のボールとiwc多分sのコピーのビット、しかし、それは単なる推測と腕時計の世界に罪はない。
全ての2008年ヴィンテージラインiwcからもう一度、各々のモデルは、プラチナの時計につき500の腕時計の限定版の実行による鋼に生成される。深刻な金属は、深刻な腕時計のために。私は、プラチナの時計の価格で彼らの増加の有用性または美的でどんな増加と整合しない最も厳粛なコレクターの手に落ちることを想像してください。ビンテージ・セントテグジュペリにゴムひもは面白い。ストラップの上でクロスハッチングパターンの場所でダイビング腕時計を一旦保持されたキャンバスストラップをシミュレートするためのものです。ここでは、パッテンに気持ちよいとよりスムーズな詳細を顔に出すうまく織りのテクスチャリングになります。
全てのiwcのビンテージコレクションの保守的である。これらの革命」に見えない間、彼らは普遍的な魅力と合うものの本質を持っています。私は、保守的なわけではないが退屈するのを見て満足しています。私の経験は、あなたに素敵な腕時計の上で成長するものであるということです。iwcのビンテージコレクションのすべての彼らを古典的にするのに十分な人々として成長したデザインを表し、iwcのビンテージセントテグジュペリも例外ではない。
時間が明らかにあったが、少し前に、厄介な磁場にあまりに多くの腕時計に干渉したとき。エンジニアと科学者を定期的に実験や磁場のまわりで働いて、大きなまたは軽度の彼らの腕時計の不確実性の程度の経験を予想することは、彼らを作るランニングまたは不正確を停止します。エンジニアと科学者が磁力の影響を受けない唯一の人であったが、問題は十分に強い腕時計会社の解決に追いつくために。この反磁性の腕時計の動きさえ強い磁場の影響を受けないだろうを開発する腕時計メーカーの数を促しました。
腕時計運動ははずみ車の主因と放出の予測可能な振動に頼るので、磁気力のバランスホイールの回転とは、主に重大な影響を及ぼすことができます。これらの部品を保護するために、メーカーの時計ケースの磁気を通さないのを作りました。最も効果的なソリューションのいくつかの関与する腕時計のケースへの鉄の層を加えて、または他の非磁性金属。私は専門家ではありませんが、うまく解決されるように、各抵抗の大きな腕時計メーカーの時計の彼らの新しいタイプがありました。

iwcの腕時計は、建築とそれが大成功だった。今日の建築線は非常に技術的に見てと未来の間、そのルーツによる「科学的なねじれとして説明することができるだけであることは、非常に保守的な態度を含みます。「iwcのビンテージ建築を見て、非常に読みやすいです(その主な機能)の精度を重視した。大胆なダガーの手の発光体の細片を含んで、発光体の小さな点を5分の各指標のための小さい点に加えて、腕時計の周辺部のまわりには、時間の指標である。この使用は、小さな点の指標とともに上昇分のとがったアワーマーカーとしてのiwc建築シリーズの特徴である、とビンテージ建築に奪還された。

Posted on

ロレックスのクオーツになったとき:1970年代の話

どのように1970年代には石英の到着で機械式時計王ロレックス スーパーコピー の取引をしましたか?以下、本「ショック腕時計からの抜粋です」と、ルシアン・trueb watchtime一因によって。本は、腕時計コレクターgüガンサー・ラムとピーター・wenzigからの写真で例示されて、クォーツ時計の技術が進化した方法を語ります。
アンドレéハイニガー、第2のロレックス大統領と創設者ハンス・wilsdorfの後継者は、本物の空想家であった。彼の意見は当初は非常に高価なクォーツ時計であることはすぐに全く陳腐ということでした。このトランジスタラジオは、すでに起こったテレビセットとポケット電卓。
最高品質の機械的運動の高価な部品の製造及び組立のため、彼らが非常に資格のある労働者の大量のために専用のまま。その機械装置、時間だけが教えを書いて「最上級のクロノメーターによって簡単に隠されることができ、ほぼ避けられない事実は、公式に公認」(すなわち、新品の証明書)にダイヤルします。このプラスマイナス1日につき4秒の毎日の率を意味する。やがて、「高級」部門をコピーしたハイニガーの概念ですべての腕時計ブランド。裕福な人々が時間を言う器具を必要としないでください:彼らは、彼らの手首の上に美しいと排他的なオブジェクトが欲しいです。ロレックスは、全く無視されマイクロエレクトロニクスは1970年代初期までしている株主cehセンタージミーチュウ 財布 コピーのそれは6000から320ベータ21口径の得られた実際に発生します。また、ロレックス・オメガによるβ版22の650個買った彼らは、ロレックス・キャリバー5100として知られています。また、ロレックスビエンヌのコンソーシアムが知られている、とのneosonic afif冒険資金の一部が悲しい終わりでした。ロレックスは関与していなかった。
この簡単な開始の後、ロレックスはあまりにマイクロエレクトロニクスの分野で独立することにハイニガーに全く明らかであった。1971年にはレンéルコルトを雇った(1918年)当時のfédé配給horlogθreのテクニカルディレクターであった(fh)。ルコルト49のスタッフと技術部に向かい、10の技術者を含む。彼の最初の活動は13人で最高の現代のエレクトロニクス研究室を建てました。彼は、それからロレックスの機械的な口径の水晶の等価物を設計する立場にあった。これはあまり難しくありません:その時、ロレックスの2本の手を持つ女性の腕時計の動きだけを生産し、手の3つのバージョンを、スイープ秒針、日付または日/日付とメンズ腕時計程度。