Posted on

レオナード?ウォン 2017-18年秋冬「アルテミス×アポロ」男女の二神、初のメンズウェアが登場 | ファッションプレス

オメガ スーパーコピー
レオナードウォン 2017-18年秋冬「アルテミス×アポロ」男女の二神、初のメンズウェアが登場

35
174

レオナードウォン(LEONARD WONG)2017年秋冬コレクションが東京渋谷で発表された。これまでのレディースに加え、初となるメンズウェアが披露された。

今シーズンのテーマは「アルテミス×アポロ」。人類を進歩させ、生活の質を向上させたとされている女神アルテミスと太陽芸術知識の神であるアポロ、二神(=男女)のバランスによって、人間の可能性が最大化されるとコレクションノートには書かれている。ショー会場は、渋谷道玄坂に2016年4月に誕生したクラブ「コンタクト(Contact)」。スクリーンに映像が流れ、アルテミスとアポロらしき二神が表れる。そこにはもがき苦しむアポロに助けの手を差し伸べるアルテミスの姿が描かれた。映像が終わり靄が会場を埋め尽くす中、ファーストルックを飾ったのはAyaBambiのAya Satoだ。羽織っているグレーのロングパーカーは肩からパーツが飛び出ていたり、裾部分にユニークなカットが採用されている。続くのはストイックなモノトーンとグレーのカラーパレットに染められたジャケットやコート。コンパクトなシルエットと、ジッパーをアクセントに使ったデザインが特徴だ。ジッパーはポケットや裾のほか、背中にスリットとして使われている。他にも、ベルトや襟にベルベットの異素材を使用したディテールが見られる。初となるメンズウェアはウィメンズ同様のアウターに加え、レザーアイテムが豊作だ。特にジャケットは、シングルダブルブルゾンタイプと様々な型が登場した。ジッパーを多用した遊び心はここでも現れている。スタイリングはブラックをベースにしたストイックな雰囲気だ。コレクションの中でも一際インパクトを残したのが、異生物のようなぬめっと光る素材を使用したウェア。歩くたびにオーロラのように光り、存在感を表す。また透明なビニール素材をライダースジャケットに仕立てたピースもユニークな一着。テーマである、異質な神々らしさが感じ取れるウェアだ。
エルメス時計 コピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です